長門鉄道を走っていた
ポッポ(SL101号機)が豊田町に里帰り!

1918年から1956年まで小月から豊田町間を繋いでいた長門鉄道。
そこで実際に走っていた蒸気機関車、通称「ポッポ」が74年ぶりに
豊田町道の駅蛍街道西ノ市に里帰りしました。
豊田町ではそれを記念して11月6日(土)・7日(日)の2日間
「おかえりポッポ!長門鉄道祭2021」を開催いたします。
蒸気機関車ポッポのお披露目セレモニーをはじめ、記念紅白餅配り、
当時の懐かし写真や資料を集めた長門鉄道写真・資料展、ポッポ音楽祭など
記念イベントを実施いたします。

11月6日(土)
長門鉄道物語大型紙芝居
①9:30~②10:30~
おかえりポッポセレモニー
11:00~11:50
101個紅白餅配布
12:00~※整理券配布は10:00~ポッポ広場ステージ前
長門鉄道写真・資料展
期間/11月6日(土)~12日(金) 場所/道の駅情報コーナー
ホールインワンゲーム
13:30~参加無料

11月7日(日)
ポッポ音楽祭
11:00~14:30
ミニ蒸気機関車に乗ろう!
11:00~15:00
場所/ふるさと野菜市前駐車場
乗車賃/100円
ポッポくんと撮影会
14:30~
場所/ポッポ広場SL前
ホールインワンゲーム
15:00~※参加無料

PDFをダウンロード

 

PDFをダウンロード

PDFをダウンロード

戻る