こんにちは。スタッフのFです。

 

 

期待を裏切らず湿度も上がってきて、

だんだん夏らしくなってきました。

 

 

道の駅でもレストランや喫茶メニューを

夏メニューに切り替え。

 

 

 

標題とは関係ありませんが、レストランと喫茶各1品ずつ夏メニューをご紹介。

 

 

まずはレストラン。毎年この時期大人気の鉄板メニュー。

のど越しのよいそばに、サクサクの天ぷらがセット。

お値段税込で1,000円(大盛は+100円です)。

なかなかやるやないか。ほとんどこればっかり出ます(笑)

 

 

 

 

そして喫茶。大人気の道の駅かき氷。

 

当道の駅のかき氷はシンプル。氷に蜜をかけて。練乳もあり。

いちごと抹茶の2種類をベースに5アイテムで展開。

力を入れているのは「氷」。削り方にとてもこだわっています。

 

 

ふわっとした舌触りから、口の中に入れた氷と一緒に蜜が口中にとろけるこの感じ・・・。

これはかなり自信を持っております。

こんなかき氷を子供のころに食べたかった。

子供のころにこんなおいしいかき氷が食べれたら、

さぞ夏の日の思い出になったことでしょう(笑)

ということでぜひ試してみてください。

 

 

 

話は本題に。今日は七夕。

 

 

 

先日7月1日、地元豊田町にあるこども園の子供たちが

道の駅に七夕飾りに来てくれました。

 

短冊に色々なお願いを書いてくれました。

 

 

 

中でも多かったのは「~へ行きたい」というお願い。

「コロナがなくなったら」という一文を添えて。

 

 

 

行きたいところがあるにもかかわらず、

コロナがこれ以上拡がらないよう

ちびっ子も我慢しているんだなぁと。

 

 

まだまだこれからの人生、

色々なものを見て、感じる子供たち。

 

 

 

当たり前に、自分の行きたいところへ行けるように、

我々大人がまずコロナを意識をして、背中を見せていく事が大切なのに。

背中を見せてくれてありがとうm(_ _)m

久しぶりに想いを巡らせる七夕になりました。

戻る