ご存知でしたか?
今から約60年以上も前、豊田町に
蒸気機関車が走っていたことを・・・
小月駅から豊田町の西市を結ぶ長門鉄道が
開業したのが1918年(大正7年)。
それから、1956年5月(昭和31年)に廃線になるまで
豊田町唯一の交通手段として住民に愛されたきました。
その長門鉄道が今年で開通100周年を迎えます。

豊田町では開通100年を記念し、
「メモリアル長門ポッポ100」として
10月上旬頃にさまざまなイベントを開催する予定です。

写真の駅名標は当時の西市駅にあったものを
イメージして制作したものです。
今、中庭のかって櫓が立っていた場所に
設置してあります。

戻る