華山(げさん)の麓にある神上寺(じんじょうじ)に
春を告げるのは桜ではなく「ミツマタの花」。

神上寺では桜の咲く頃、いっせいに
淡い黄色の花が咲き誇ります。

小さな花がたくさん集まっているように
みえますが、実はこれ花弁ではなく萼なんです。
筒状の萼が4つに裂け反り返ったもの。

名前の由来は枝が3つに分枝してることから
「三叉」と名づけられたようです。
また、樹皮は繊維質が強く、和紙の原料にも
なっています。

桜の花もいいですが
趣のある神上寺で可憐な「ミツマタ」の花を
愛でるのもなかなかいいですよ。

戻る