これなんだかわかりますか?
これは「蛍籠」といい
麦わらで編んだ蛍を入れる虫かごです。

豊田町に住む70歳以上の方なら
だいたい作った経験のある
ポピュラーなものでしたが
市販の虫かごや蛍の採集の規制などから
次第に作らなくなり、
今ではこの蛍籠というものを
知っている人はほとんどいなくなりました。

そこで、この途絶えた蛍籠を復活させ
次の世代に伝えていこうと立ち上がったのが
「ほたるかごプロジェクト」。
道の駅でも去年のクリスマスやお正月時期に
蛍籠を使ったイルミネーションとして
道の駅内の中庭、回廊を美しく彩りました。

蛍籠は今、情報コーナーに展示してありますので
是非、本物をご覧ください。

戻る